自己分析

自己分析のやり方 まとめ

自己分析のやり方 まとめ

皆さんも恐らく先輩から「自己分析は大切だから、今のうちにやっておけよ」と言われているのではないでしょうか。
就職活動で自己分析が重要視されているのは理由があります。
 
 
1. 企業への志望理由が明確になる
2. 面接官から質問されたときに回答に窮することが少なくなる
 
 
就職活動において必ず訊かれる「志望理由」について答えるため、自己分析は欠かせません。しかし、自己分析にはもっと深い意義があることを理解して欲しいと思います。
 
 
3. 自分の感情の動きを把握することで、人間関係が円滑になる
4. 自分の歴史を知ることで、今の自分がなぜ在るのかが理解できる
5. 自分が欠点だと思っているところを認めることで、自信を持てる
 
 
これらは面接官の目線でもあります。これらの点を理解しているかどうかを確かめる質問を繰り出します。
 
 
自己分析は就職活動だけでなく、人生において重要な役割を果たします。自分の過去を理解することで、自分がどんな人間で在りたいかという部分も見えてきます。本当はこんなはずじゃなかったと思う出来事を持つ人は多いでしょう。
 
 
企業を選ぶには在りたい自分像への成長を支えてくれる企業に入社するべきです。なぜなら、在りたい自分像への成長を支えてくれない環境では、すぐに仕事も人間関係も嫌になってしまうから。自己分析を行い、働いている人たちの価値観や夢なども含め企業研究をしっかりと行うことが長期的に生き生きと働くための第一歩です。

自己分析で気をつけること

自己分析をする上で気をつけて欲しいのは「ネガティブになってしまうこと」です。
自己分析をすることは、過去の自分と対峙することです。自分自身が嫌いな部分を「なんでそうしたのか?」「なんでそう思ったのか?」と嫌になるくらい考えさせられるため、自分に自信が持てなくなり、ネガティブになり、将来に光が見えなくなってしまうことがあります。
 
 
これを回避するには、自分のことを親身になって考えてくれる人やポジティブな友人と一緒に自己分析をすることです。前向きに考えられるようにサポートしてもらう必要があるのです。自己分析とは1人でやるものではなく、誰かと一緒にやるものなのです。

「自分」って何だ?

自己分析の「自己」とは何でしょうか。「自己」とは何か考えたことがある人は少ないと思います。哲学や心理学、コミュニケーションを学んでいる方なら1度は授業で考えたことがあるかもしれませんね。
 
 
「自己」を考える上でわかりやすいフレームワークがあります。ジョハリの窓と呼ばれ、就職活動で必ず1度は目にする考え方です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョハリの窓
 
 
自分自身が理解している自己は開放の窓と秘密の窓の部分だけです。つまり、自分はそう思っていないが周りの人間から思われている自己(盲点の窓)や、自分も他人も気づいていない自己(未知の窓)も在るということ。
 
 
誰かに「○○さんってこんな性格だよね」とか「こんなところあるよね」と言われて、「そんなことない!何言ってるの?」と思ったことはないでしょうか。そういった部分が実は盲点の窓なのです。自分が理解している自己に当てはまらないと、「それは自分ではない!」と排除してしまうものなのです。

だからこそ自己分析は他人とする必要があります。家族・友人・恋人・初対面の他人。いろんな人にいろんな角度から自分について話してもらう必要があります。

自己分析のやり方

では、実際にどのように自己分析を行うか。

1. 自分史を創る
2. 人生の出来事表を創る
3. ターニングポイントでの自分の判断を顧みる
4. 自分が今までがんばってきたことを振り返る
5. 自分の恋愛を振り返る
6. 家族との関係性を振り返る
7. 自分が今までに嬉しいと思ったことを振り返る
8. 自分が今までに嫌だと思ったことを振り

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ