就活特集記事

  • お気に入り
  • 4SCORE

【就活生必見!】学生の間違っている先入観4つ

【就活生必見!】学生の間違っている先入観4つ

こんにちは。
マイストーリー 講師の江藤です。

今回はよく見かける先入観についてご紹介します。

①「資格はたくさん合った方がいい」は間違っている

秘書検定やファイナンシャルプランナー、宅地建物取引業資格など
たくさんの資格が大学生のうちに取れるようになっています。
資格を提供する多くの会社が
「内定に有利」とか「他の就活生と差をつけよう」と広告で謳っていますが、
騙されてはいけません。はっきり言って嘘です。
資格を持っているからといって有利になることははっきりいってありません、
履歴書の資格欄を見ることはほとんどの会社がないと思って大丈夫です。

例外はTOEICです。
仕事で英語を使うような会社ではTOEICの点数を見られることが多いです。
メーカーだったり、商社だったり、外資ホテルなど。
そういった会社では英語で面接をされることもありますので、
点数があれば有利という訳ではありません。
むしろ書類選考でのボーダーラインとして設定されることがほとんどです。

②「自分ができることをやっている会社に入る方がいい」は間違っている

自分のやってきたことを活かせることの延長線上として

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ