① 面接官のタイプを最初に見極めるべし。

まずコミュニケーションの基本は、相手の性格や状況(機嫌など)を理解することだ。
 
例えば、面接官にまず会ったらその人の表情、ルックス、服装、声の調子などから「この面接官は多分こういう性格だな」と見極めよう。そして、その人に合わせたコミュニケーションをしていくのだ。
 
例えば面接官が「メガネをかけてキチッとした、律儀そうで真面目そうなタイプ」だとしよう。あなたならこの面接官に、どのようなコミュニケーションを取るだろうか?
 
間違いなくいつもの調子で「こんちはっす!」のような軽いノリでの挨拶はしないはずだ。そんな挨拶をしたら一発で嫌われてしまい、即不合格になるのは分かるだろう。
 
そう、つまり自分と真逆のタイプなのか、それとも似たタイプなのかを見極めることが、面接官とのコミュニケーションの第一歩なのである。
 

② 社会人としての挨拶で十分

「面接の開始にどのような挨拶をしたら良いのか」という悩みを

新規会員登録はこちら
ページトップ