面接対策

  • お気に入り
  • 11SCORE

【就活生必見!】人事が語る即不合格になる就活生の特徴!

【就活生必見!】人事が語る即不合格になる就活生の特徴!

就活において最も大切なのが「面接を突破する」ということ。

しかしどんなに頑張っても落とされてしまうという人もいると思います。

面接に落とされてしまう人にもそれなりの「理由」があり、残念な結果になってしまいます。

今回は、面接官にマイナスイメージを与える、「こんな就活生は嫌だ!」と思われる特徴を紹介致します。

マナーがなっていない!

面接官が一番嫌だと思う就活生の特徴は「マナーがなっていない学生」です。

言葉遣いや態度、挨拶などこれから社会人として働いていく中で最低限必要なこともできていない学生はアウトです。

特に最近では「学生は敬語を知らない」「挨拶ができない」と言われています。

社会人として働く上で、挨拶ができなかったり、敬語の使い方を間違えるとかなり恥をかきます。

また、お客様や取引先で粗相をしてしまう可能性も高くなってしまいますので、挨拶と言葉遣いは出来て当たり前にしておきましょう。

その他に、面接の前後で他の人とおしゃべりをしてしまう…というのも困りものです。

面接官はそういう点もしっかり見ていますので、面接が終わったからと言って、最後まで気を抜かずに挑みましょう。

マナーがなっていない!

会話が成立しない!

履歴書がいくら立派に書けても、基本的なコミュニケーションが取れないような人は、一緒に働くことは出来ないと思われてしまいます。

社会人になると、取引先やお客様で初対面の人と話す機会は増えます。

コミュニケーションが取れなければ成立しないのが社会となりますので、コミュニケーションが苦手な人は、

コミュニケーションは経験と場数で上達しますので、今の内に家族や友人・先輩と練習をしていきましょう。

会話が成立しない!

空気が読めない!

やはり空気が読めない学生は採用担当者から嫌われてしまいます。

他人と同じことをやってはいけないと思うことはとてもいいことだと思いますが、自分をアピールすることと、ただの目立ちたがり屋とは違います。

極端な話になりますが、目立とうとしてスーツ姿ではなく、派手なオシャレ着を着て面接を受けると、失礼に値することだと覚えておきましょう。

悪い例)
・派手な柄の服装で面接を受ける。
・集団面接で他学生の質問に対する回答にケチをつける。
・とても大きな声で笑う

空気が読めない!
社名を言えない!

エントリーした企業の「社名」も言えないという出来事は絶対にあってはいけません。

特にインターネットで「一括エントリー」機能を使って、「とりあえず気になる会社に一括で応募する」という考えで行ってしまうと、こうした罠に陥ります。

多くの企業の選考を受けるのは決して悪いことではありません。

しかし、エントリー企業の社名も言えないということは、「この企業に本当に入りたいと思っていない」と思われてしまいます。

かなり失礼なことにも当たるので、面接を受ける前にしっかりと調べ、社名を確認しておきましょう。

悪い例)
・社名を間違える
・社名を口ごもる
・前株後株を間違える

社名を言えない!
まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?
面接官にマイナスなイメージを与えないように、上記の事に気を付けながら面接に挑みましょう!

新規会員登録はこちら
ページトップ