【自分の言葉で自分の魅力を伝えてくる人】

「面接ではこういうことを言えばいい。」というテンプレが出来上がってしまっていて、
多くの学生は大差が無いという状況が生まれています。
暗記してきた自己PRを淡々と述べるのでは、本当に知りたいその人の人となりが隠れてしまうのです。
その中で、ネットに書いてある量産型のPRではなく、
自分が主体的に関わった事柄を通じて、どのような考えの基にどう動いたかを話し、
自分の言葉で自己PRが出来る人には魅力を感じるし、興味が湧くそうです。

【自分の言葉で自分の魅力を伝えてくる人】

【企業研究をしっかりやりこんでいる人】

企業研究が明らかに不足している就活生が多いといいます。
企業研究が出来ていないということは、その人は社会に出てから「自分のやりたいことがはっきりしていない」ということに繋がり、どんな綺麗な言葉を並べたところで、面接官には響かないのです。
 
企業研究をして企業について深堀をしていくと、今までの自分の経験やスキルがどんなところで生かせるのかが見えてきます

新規会員登録はこちら
ページトップ