基本的には自宅が一番

基本的に自宅でweb面接を受けるのが1番適しています。多くの家庭ではインターネットが接続されているうえ外と比べて雑音が少ないからです。自宅であれば、web面接のために出かけたり場所を借りたりする必要がなく、落ち着いた状態で安心してweb面接を受けることができ、普段の力を発揮することができます。また、企業によっては<情報漏えいのリスク>から外でweb面接を受けることに否定的な場合があります。このような点から、web面接は自宅が最も理想的な場所といえます。しかし、家庭環境は人それぞれですので、一概には言えません。学生が落ち着いて普段の力が発揮出来るような適切な場所でWeb面接を受けるのが最適であると言えるでしょう。

基本的には自宅が一番

自宅でweb面接を受ける際に気をつけること

先ほど自宅が最適と述べましたが、自宅でweb面接を受ける際にも気を付けることがあります。4点説明します。

①服装

「画面越しだから下半身まで映らないだろう」などと思い、上半身はスーツを着用し、下半身はスウェットやジーンズなどラフな格好で面接を受ける安易な考えの学生がいます。自宅だからといって油断していると、不意に立ち上がった際に映ってしまい、面接官にとてもだらしない印象を与えてしまいます。
Web面接でも対面での面接と同様に、きちんとスーツを着用するのがマナーです。
面接は第一印象が大切であり、何かの拍子で立ち上がった時などに下半身がカメラに映る場合も想定し、全身の身だしなみを整えてスーツで挑みましょう。

また自宅だとつい忘れがちなのが、髪型です。面接官に失礼のない、敬意を払った服装・髪形・メイクで面接に臨むのは、対面での面接と同じです。リラックスという言葉を履き違えないように採用面接の場にふさわしい身だしなみを心がけましょう。

②家族が映り込まないようにする

自宅でWeb面接中に家族が突然部屋に入ってきて画面に映り込まないようにしましょう。
事前に面接があることや面接の時間帯を伝えて部屋のドアにカギをかけたり「面接中に声をかけない」「電話や電化製品などの使用で音をたてない」など、面接官に準備不足と思われないように家族に協力をしてもらいましょう。

③周囲の音

自宅でweb面接を受ける場合でも、電車や車の音、話し声や工事の騒音など、注意しなければいけません。部屋の空調の音や外部からの雑音などは、ある程度は許容範囲な部分もありますが、できる限り生活音や外部からの騒音などが入りにくい場所でWeb面接を受けましょう。web面接では自分が思っている以上にさまざまな音が拾います。もし面接官に聞こえてしまうと悪印象に繋がるかもしれません。外の音が入ってこないようにその部屋の窓やドアは閉めたり、宅配便は時間指定をするなどして気を付けましょう。

④部屋の明るさや背景

自宅でWeb面接を受ける際は、部屋の照明だけだと、自分が思っている以上に顔が暗く見えていることもあります。スタンドライトなどで少し照らし、明るい印象になるようにしましょう。またカメラに映る背景には細心の注意が必要です。カーテンや白い壁など、シンプルな背景にしましょう。そうすると面接官も余計な先入観なく、落ち着いた印象を与えやすくなります。逆に部屋にモノが乱雑に積み重なっていたり、衣類を脱ぎ散らかしたりしているのが映ってしまうと面接官に「整理整頓もしていない」「片付けができない」「無頓着」などの悪い印象を残すことになりかねません。

また壁にカレンダーや思い出の写真、趣味のポスターグッズなども画面内に映ってしまうと個人情報が漏洩したり、そのせいで就職活動が不利な状況に陥ったりするかもしれません。
なので、映らないように注意して外しておきましょう。

最近では部屋を片付けきれず隠すのに便利な「バーチャル背景」がありますが、不自然な見えるのでWeb面接ではあまりオススメしません。面接の場であるという緊張感を忘れず、そして面接官に不快な印象を残さない背景を意識して面接に挑みましょう。

自宅でweb面接を受ける際に気をつけること

web面接を受ける場所選びのポイント

web面接は絶対に自宅でなければならないっというわけではないですが、下記の条件が最低限揃っている場所であるといいでしょう。

①通信環境が整っている場所

これが何よりも大事です。通信環境が整えっている場所こそが、Web面接を受けるオススメの場所となります。もしweb面接途中に通信環境が悪くなると音声や画像が乱れたり、通信が途切れてしまったり、スムーズに面接を進められなくなることがあります。そうなると、面接の内容以前の問題で企業に迷惑がかかり、悪い印象を与えることになります。安定して電波を得られるか環境かどうか入念に確認しましょう。

また、セキュリティ面では面接内容から個人情報などが流出する可能性があるため、無料Wi-Fiは避けた方が良いと考えられます。

②静かな場所

Web面接でも対面での面接と同様に、会話でやり取りをします。そのため、周囲の雑音が大きい場所で面接を行うと、面接官の声が聞き取りにくかったり、反対に面接官に余計な雑音が聞こえてしまったりすることがあり、面接に集中することが出来ません。面接官に何度も聞き返すと、失礼にあたり悪い印象に繋がってしまうので、できるだけ静かな場所でweb面接を受けましょう。先ほど述べたようにweb面接では自分が思っている以上にさまざまな音が拾いますので、完全とまでいわずとも、防音されている場所が理想的な場所です。

③背景が白い場所

先ほど述べたようにWeb面接を受ける際、カメラに映る範囲の背景はなるべく白い壁を選ぶことも重要です。背景がごちゃごちゃしていると、面接官に余計な先入観を与えてしまいますので、注意しましょう。

④明るい場所

Web面接を受ける際、当然ですが音声だけでなくカメラもオンになります。しかし、照明が暗い場所だと顔が暗く映ってしまい、表情がわかりにくいことがあります。暗いだけで悪い印象になることがあるので、自分の顔が面接官にはっきりと見えるような明るい場所でweb面接をしましょう。
屋外・屋内関係なくWeb面接の際にセッティングしたカメラが逆光になってしまうとがあります。カメラの角度を事前に調整することが重要ですが、セッティング場所の兼ね合いでどうしても顔に影ができてしまう場合は、スタンドライトなどを使用することをオススメします。しかしライトを当てすぎると、顔だけが浮かび上がってしまうなど逆効果になりますので、映像を見ながら丁度いい明るさ調整しましょう。

web面接を受ける場所選びのポイント

自宅以外でweb面接に最適な場所3選!

さまざまな事情で自宅でweb面接が出来ない!っという学生、必見です!
自宅以外でweb面接に適している場所を3ヶ所ご紹介します。

①大学

大学は通信環境が整っているため、問題なく受けれるでしょう。しかし、大学のWi-Fiは速度が遅い可能性が高いので注意しましょう。また空き教室は周りの音を気にせず、面接に集中できるのでとても良いですが、他の学生が入って来るなど、大学によって使用ルールが異なるのでしっかり確認しておきましょう。

②レンタルオフィス・コワーキングスペース

レンタルオフィス・コワーキングスペースはインターネット環境が整っていおり、30分や1時間など短時間で借りることが可能なのでweb面接に適していた場所だと言えます。さまざまな人達が仕事をする場として利用するため、通常のカフェより静かなのでオススメです。オープンスペースだと周りに利用客がいるので、別料金になりますが個室タイプのレンタルスペースを利用しましょう。

③ホテルの一室

ホテルの一室は通信環境が整っており、背景が落ち着いていて静かなことや、周囲の人の声などが入り込む心配がありませんので、web面接に適しています。ホテルよっては宿泊しなくても良い日帰りの「デイユースプラン」が用意されている場合もあり料金が抑えられるので、活用してみてはいかがでしょうか。

自宅以外でweb面接に最適な場所3選!

web面接の際には避けたい場所

①カラオケ

料金が安く、個室で基本的に防音なのでweb面接に適していると思うかもしれません。しかし、カラオケルームは完全な防音ではありません。大きな歌声や楽器の音が漏れてくる可能性があるので、Web面接の際には適していると言えません。

②ネットカフェ・漫画喫茶

ネットカフェや漫画喫茶は、静かで備え付けのPCを利用でき、通信環境が整っていますが、声を出すと周りのお客さんの迷惑になるのでweb面接の際は利用し難い場所です。

③その他

・カフェ
・車の中
・公園
・メイクルーム

これらの場所は周囲の人の迷惑になりやすく、完全個室でないため情報が漏れる危険があるのでweb面接では避けたい場所です。

web面接の際には避けたい場所

まとめ

今回はweb面接を実施する際に適している場所・適していない場所についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。面接の内容をしっかりとしていたらweb面接をする場所なんてどこでもいいっと思っていたら、大間違いです。web面接の場所選びは面接の内容と同じくらい重要ですので、しっかりと適切な場所を見つけてから面接に挑みましょう!

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ