通過ES実例

  • お気に入り
  • 5SCORE

ES【JR東日本ステーションリテーリング】

ES【JR東日本ステーションリテーリング】

2.志望動機(当社を志望する理由を教えて下さい)

 「多くの人々が幸せを共有できる場所をつくる」という目標の実現のため、貴社を志望する。私は以下の経験をきっかけに、「人々に幸せを共有できる場所を提供したい」と考えた。大学のアカペラサークルでイベントの企画運営をした時、自分達が協力してつくったイベントに沢山の人が集まり、感動や楽しみを共有できた事に充実感を感じた経験だ。多くの人が集う駅は、私の志を実現するために最適なフィールドであると感じている。私自身、沢山の人の活気やワクワクする空間が楽しくて仕方なく、様々な駅の商業施設に足を運んでいる。従って、私は駅をさらに「多くの人々が幸せを共有できる場所」にするために、貴社への入社を志望する。

3.自己PR(本紙の裏面を使い、あなた自身の特徴を自由に表現して下さい)

向上心
 私は向上心が強い。
 昔から「成長できる環境でこそ充実感を得られる性格」だ。
 小・中学生の頃は、生徒会長や学級委員長を積極的に引き受け、先生の期待に応えようとしていた。
 高校の合唱部では一般部員で大きな責任を負う立場ではなかった。にもかかわらず、私は全国大会に向けた厳しい練習にただ参加するだけでは物足りず、部のために自分ができる事を自然に考え、行動し、練習の雰囲気を和やかにした。
 大学でも様々な環境に身を置いた。例えば、大学の枠に収まらずに活動したいと思い、全国から100大学を集めるイベントの企画団体に飛び込んだ。さらに、大学生としてではなく自分自身の能力を試したいという気持ちから、長期のインターンシップにもチャレンジしている。
 このように私は、自らを高めようという向上心を持って挑戦する人間だ。

【作文シート】 テーマ:「学生時代に最も力を入れたこと」

①取り組みの目的・内容
 大学のアカペラサークルで、400人以上が来場するライブで企業に営業を行い、協賛金を集める営業班のリーダーを務めた。
 営業班全体の目標金額は10万円であり、これは前年の倍以上の額だった。
 なぜなら、お客様に喜んで頂けるライブをつくりたいという思いからライブの音響によりこだわる事になり、その分多く予算が必要になったからだ。
②取り組む過程での苦労とその対処法
 目標の達成までには課題が二つあった。
 一つ目は、営業班がほぼ全員初心者だった事だ。そこで、営業班が営業のスキルを身に付けられるよう工夫した。例えば、営業班内のチームごとの進捗報告に対し、フィードバックを営業班全体に共有する事で、他チームの事例から、参考にすべき点や改善点を学ばせた。その結果、ほとんどのチームが協賛を獲得することができた。
 二つ目の課題は、私が担当していた企業の方が興味すら持って下さらなかった事だ。そこで私は、企業にメリットをもたらすにはどんな方法が有効か1社1社について考えた。それぞれの企業に合わせた協賛プランを提案する事で、これまで協賛を断られ続けていた企業からも協賛を頂いた。
③どのような成果が得られたか
 二つの課題を解決した結果、営業班全体で22社から23万円の協賛金を獲得した。得た資金でワイヤレスマイクを使用することで、出演者はより自由な演出ができ、お客様を沸かせることができた。
④その経験が今後どのように活かせるかについて具体的に記述して下さい。
 私はこの経験を通して、二つの力を身に付ける事ができた。一つ目は、「目標達成のために工夫する力」、二つ目は、「相手のパートナーとして考え、相手の気持ちを動かす交渉力」である。
 この二つの力を貴社での業務の中では以下のように活かせると考えている。
・テナント様のパートナーとして、売り上げ向上のために有効なアドバイスをする
・テナントリーシング等の厳しい交渉を伴う業務において、相手の不安をメリットに変える提案をする
・新規のプロジェクトに挑戦する際、関係者を説得し、人を巻き込んで、実現に貢献できる

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ