通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

ES【イプサ】15卒

ES【イプサ】15卒

「あなたが想うイプサ」とはどんなブランドですか? (400 文字以内)

 「私が想うイプサ」は、「沢山の人々の日常を豊かにするブランド」です。私は「人々の日常を豊かにする仕事」を志しています。この志は、ただ商品を売るだけでは実現しません。イプサを使う事で、お客様が自信を持って日々を過ごされることで、お客様の日常がより豊かになる、と考えています。私はイプサのカウンセリングを受けた時、クルーの方が自分に本当に合ったレシピを提案して下さった事に驚きました。今まで受けたどんなカウンセリングや肌診断よりも丁寧で、私がお伝えしなかった肌の悩みまでも言い当てて下さいました。ここまでお客様ひとりひとりのお肌に合った商品を提供しており、お客様自身の美しさを引き出し、自信を持たせることができるのは、イプサだけだと感じました。そのため私は、どんなお肌のお客様にも誇りを持ってイプサをお勧めできます。従って私は、イプサは「沢山の人々の日常を豊かにするブランド」であると考えます。

その中であなたが入社後できること、やりたいことを出来るだけ具体的に教えてください。 (400 文字以内)

 私は自らの「目標達成に向けて工夫する力」を活かし、イプサの強みである「個肌対応」をもっと多くの人に知って頂くための新しいPR企画を実現したいと考えています。なぜなら、イプサの強みをもっと沢山のお客様にお伝えしたいという思いを持っているからです。自分自身がイプサのカウンセリングを受けた際、ブースが混み合っていて待ち時間があり、そのために帰ってしまうお客様も見受けられたことから、「イプサについてお伝えできていないお客様が多くいらっしゃる」と感じました。そこで、私は新しいPR企画の一例として、新発売のタブレット端末やスマートフォンとの合同PRイベントを提案します。イベントに訪れたお客様に、端末を使ってイプサのカウンセリングを体験して頂き、その後店舗やECサイトに誘導する、というものです。私は大学時代にサークルやインターンシップで身に付けた「工夫する力」を活かし、新しい取り組みに積極的に挑戦したいです。

 このイベントのメリットは三つあります。一つ目は、イプサの強みである「個肌対応」をカウンセリングを通して体験して頂ける事です。
 二つ目は、端末メーカーと合同でイベントをする事で、多くの端末が用意でき、沢山のお客様にカウンセリングを体験して頂ける事です。
 三つ目は話題性です。電子機器と化粧品のコラボレーション企画は大きな注目を集めると考えます。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ