通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

【選考通過ES実例】帝人 18卒

【選考通過ES実例】帝人 18卒

(2)学生時代に力を入れてきたことについて、学業と課外活動それぞれを踏まえて具体的な取り組み内容をお答えください。(なぜそれを取り組んで、何が大変でどのように乗り越えてきたかなど)600文字

親の教えから「文武両道」を人生の軸にして、生きてきました。
経済学部に所属し、そのほかに教員免許の取得にも励みました。
また小学1年から続けているサッカーでは、強豪校の関西大学で試合にでて、日本一に貢献するために入部しました。
まず部活で、特に頑張ったことが2つあります。
①一番下のチームからトップチームに上がるためにした努力 と
②現状を変えるために立候補した、学年幹部での日々です。

①について、入部当初自分のプレーが通用することなく挫折を味わいました。そこで、状況を打開するために例えば以下の2点を行いました。1、周りに意見を聞き、求められていることを的確に把握し2、それをもとに自主練習を毎日行いました。
継続した結果、関西リーグ年間優秀選手に選ばれ、現在はトップチームです。
②について、64人いる私の学年ですが、幹部になる前は、「遅刻」の数が他学年に比べ一番多い状況

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ