通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

【ES実例】帝人 18卒

【ES実例】帝人 18卒

(1) 学生時代に力を入れてきたことについて、学業と課外活動を踏まえて具体的な取り組み内容

学業の面では特に、ゼミの授業に力を入れてきました。ゼミの内容は社会科学研究であり、授業では特に、少子高齢化、年金問題、雇用問題について学んできました。授業の中で私が意識してやっていたことは、わからないことがあれば、真っ先に手を挙げて質問するということをやっていました。わからないことを放置すると次同じことをした時に理解できないので積極的に質問していました。課外活動の面では部活動です。私は体育会準硬式野球部で声を出して盛り上げることを意識しています。2回生の夏に部が不祥事を起こし廃部寸前の1年間の活動停止処分を受けました。しかし、この活動停止期間を経て、チームに対する考え方が変わりました。学生主体であったため、部員1人1人の考え方がバラバラでした。私は、個々の能力が高ければ、試合に勝てると思っていました。処分期間にミーティングを重ね部員1人1人が声を出して盛り上げることでチームの雰囲気が良くな

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ