選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 1SCORE

IT【Yahoo Japan】15卒②

IT【Yahoo Japan】15卒②

ヤフーでは2点を重視します。
①何故ネット広告か。
②何故ヤフーか。

【選考方法】
ES選考→説明会&GD→1次面接→最終面接→内定

≪説明会&GD選考≫

【人数】 社員:学生=1:6
【時間】 60分
【形式】 説明会後にランダムに組まされたグループによって選考を行う。
【内容】
「シェアハウス」「レインブーツ」「AKB」の中で来年も流行ると考えられるものを選びその理由を考えないさい、というお題だった。自分のグループは「レインブーツ」を選んだが、常に心がけていたのは、流行る=たくさん売れる、ではなく流行る=人の悩みを解決するというベクトルで考えていた。通過者は3人か2人くらいだと思う。
【備考】
選考時期 2月
通知 2日後

<2次選考>

【人数】 社員:学生=1:1
【時間】 60分
【形式】 個人面接 
【内容】
オーソドックスな個人面接であった。基本的にESをなぞって質問が行われていく。
なぜ広告営業か?、なぜヤフーか。Googleとの違いはどこかなど広告営業というのをベースに質問されることが多かった。
特徴的な質問として
・googleの弱み3つあげて、その弱みに対してヤフーはどうしているかを教えて。
があった。
【備考】
選考時期 3月
通知 1日後

<最終選考>

【人数】 社員:学生=2:1
【時間】 60分
【形式】 面接
【内容】
ヤフーは面接が少ないのですぐに最終面接となる。ただよくある形式的な面接では全くなく通常通りの選考と考えてもらって大丈夫です。一通りESの内容に関して聞かれると現在の選考情報の話を少し掘り下げられました。その後は自分の強みや弱み話し、どうヤフーでキャリアを歩んで行きたいかを聞かれました。そして後日電話にて内定をいただきました。

【備考】
選考時期 3月中旬
通知 即日

【感想】
ヤフーはその知名度に反して実はあまり高倍率な印象は受けませんでした。
しかしその分すごくレベルの高い選考になると思います。よく聞かれる「外資っぽさ」はヤフーに関してはまだ特には感じていません。日系の良い風土を持っています。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ