選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 2SCORE

信託銀行【三井住友信託銀行(首都圏採用)】15年卒

信託銀行【三井住友信託銀行(首都圏採用)】15年卒

【選考方法】
テストセンターとES→面接5回→内定

≪【面接】 1回目≫

【人数】 社員(40代くらいの女性社員):学生=1:3 
【時間】 40分
【形式】 面接 
【内容】
自己紹介、学生時代頑張ったこと、志望理由。
オーソドックスな質問がほとんど。支店訪問したと言うと、行った支店、その感想などを聞かれる。

【備考】
結果連絡 1日後

≪【面接】 2回目≫

【人数】 社員:学生=1:1
【時間】 40分弱 
【形式】 面接 自己紹介 学生時代力を入れたこと
【内容】
始めの10分は志望理由などについて聞かれたが、残りの30分はほとんど面接官の一方的な雑談。
【備考】
結果連絡 1日後
ほとんど話す時間をもらえず、落とされたと思っていたが通ったので驚いた。

≪【面接】 3回目≫

【人数】 社員(新卒採用担当の人事):学生=1:1
【時間】 40分
【形式】 面接
【内容】
1次面接をもっと掘り下げた感じ。ESに書いたことだけではなく、自分の性格や家族との関係まで深く聞かれた。
・長所と短所
・挫折経験
・周囲からどんな性格と言われるか
・自分自身、友人の中でどんな役割を果たしているか

【備考】
結果連絡 1日後

≪【面接】 4回目≫

【人数】 社員:学生=1:1
【時間】 40分弱 
【形式】 面接
【内容】
3次面接とほぼ同じ。ただ前回よりさらに掘り下げられる。自分の言葉で語るように言われ、ESや覚えてきた内容を話すだけだと、その場で面接官から「そういうことが聞きたいんじゃなくて・・」とダメ出しされる。

【備考】
結果連絡 当日
3次の面接官から電話が来て、「4次の面接官から、「○○さんのことが良くわからなかった。」と言われたが、自分としてはもう一度チャンスをあげたいので次の面接までに自分の言葉で話して、ちゃんと○○さん自身を出せるようにしてきてね。」と言われた。

≪【面接】 5回目≫

【人数】 社員(たぶん支店長):学生=1:1
【時間】 40分弱 
【形式】 面接
【内容】
志望理由、学生時代頑張ったことについて掘り下げて質問された。
入社後のキャリアプランについても聞かれる。
また、セミナーやインターンにほとんど参加していなかったため、会社についての逆質問をするように言われ、15分程かけてした。
面接の最後に他社選考状況と志望度を確認され、第一志望と伝えるとその場で内定。

≪感想≫

すべての面接を通して、なぜ金融?なぜ信託?なぜ三井住友信託?ということをずっと聞かれるので、業界と企業の研究は欠かせないと感じた。(特にメガバンと信託の違い、なぜ信託に魅力を感じるかについて)また、過去の経験や性格、人間性を見られるような質問を多くされる。
面接がブースではなく個室で行われるので、とてもやりやすかった。雰囲気も和やかで、面接官が私の人間性や細かな性格まできちんと知ろうとしてくれていることに魅力を感じた。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ