選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 1SCORE

就活における革靴の選び方 内定を左右する就活靴のポイント

就活における革靴の選び方 内定を左右する就活靴のポイント

就活をしていく中で、服装について悩んでいる人も多いのではないでしょうか。スーツはダブルなのかシングルなのか、ネクタイは何色が良いのか、腕時計はどういったものが相応しいのかなど、さまざまな情報から取捨選択していき、自分なりの就活スタイルを確立していくと思います。

そして面接官がよく見ているのは箇所のひとつが、人による差が出やすい「靴」なのです。そこで今回は、内定を左右する就活靴の選び方やポイントを詳しく解説していきます。

就活における靴の基本情報

面接官から見られる部分に靴があることを知って、意外だなと思った人も少なくないでしょう。それだけ靴は意識を向けない部分とも言えます。基本的に、就活においては服装で目立つ必要はありません。それを踏まえた上で、就活で履く靴の基本情報を確認していきましょう。

「黒の革靴」が原則

ビジネススタイルのコーディネートとして、茶系の革靴に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。確かに色みやレザーの風合いが楽しめるなど、茶系の革靴はおしゃれに感じるかもしれません。街中を歩く就活生の中にも、明るい茶色の革靴を履いている人を見かけることがあります。しかし、就活のタイミングで茶色の革靴を履くのはNGです。採用担当者によっては「生意気」「気取っている」と思われてしまうこともあります。色に関しては、とにかく無難に「シンプルな黒の革靴」を選択してください。就活生は服装で目立つ必要はないのです。またどれだけ自己PRの内容が魅力的で、将来のビジョンもしっかりしていても、革靴の色で評価を大きく下げてしまうことも考えられます。

革靴のデザインは評価に影響する

ひと口に革靴と言っても、色々なデザインがあることをご存知でしょうか。例えば、スーツファッションにおける最もフォーマルなアイテムだと言われているのが「ストレートチップ」の革靴です。面接だけでなく冠婚葬祭にも使えるため、一足は持っておいた方が良いでしょう。また、甲の部分に縫い目がない「プレーントゥ」もビジネススタイルとしてよく選ばれています。防水・防塵生を高めているのが特徴で、履き心地も頑丈そのもの。ビジネスシューズとしては定番とされているものなので、就活生が履いても問題ありません。一方で、デザイン性の高い金具が付いた「モントストラップ」の革靴は就活スタイルには人によっては反感を買ってしまうことも。誰が見ても問題ないと思ってもらえるスタイルで臨みましょう。

通販では買わない

最近ではAmazonや楽天など、ネットショッピングを活用する人も多いのではないでしょうか。確かに実店舗で購入するよりも、安く販売されていることもあり、お金を少しでも節約したい学生にとっては安いということは嬉しい限りですが、革靴はサイズ選びが難しいアイテムです。スニーカーの場合は伸縮性があり、ひもで調整することができますが、革靴はそれができません。機能性だけで判断するのであれば、疲れやすい革靴は非常に不便なアイテムであると言えます。だからこそ、革靴の購入時は試着が必要不可欠。サイズが大きくて履けない、逆に小さすぎて足が痛いなんてことになれば、就活に影響が出てくることも考えられます。もちろん返品が可能であれば通販でも問題ありませんが、基本的には実店舗で購入することをおすすめします。

面接官から見られる部分に靴があることを知って、意外だなと思った人も少なくないでしょう。それだけ靴は意識を向けない部分とも言えます。基本的に、就活においては服装で目立つ必要はありません。それを踏まえた上で、就活で履く靴の基本情報を確認していきましょう。

「黒の革靴」が原則

ビジネススタイルのコーディネートとして、茶系の革靴に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。確かに色みやレザーの風合いが楽しめるなど、茶系の革靴はおしゃれに感じるかもしれません。街中を歩く就活生の中にも、明るい茶色の革靴を履いている人を見かけることがあります。しかし、就活のタイミングで茶色の革靴を履くのはNGです。採用担当者によっては「生意気」「気取っている」と思われてしまうこともあります。色に関しては、とにかく無難に「シンプルな黒の革靴」を選択してください。就活生は服装で目立つ必要はないのです。またどれだけ自己PRの内容が魅力的で、将来のビジョンもしっかりしていても、革靴の色で評価を大きく下げてしまうことも考えられます。

革靴のデザインは評価に影響する

ひと口に革靴と言っても、色々なデザインがあることをご存知でしょうか。例えば、スーツファッションにおける最もフォーマルなアイテムだと言われているのが「ストレートチップ」の革靴です。面接だけでなく冠婚葬祭にも使えるため、一足は持っておいた方が良いでしょう。また、甲の部分に縫い目がない「プレーントゥ」もビジネススタイルとしてよく選ばれています。防水・防塵生を高めているのが特徴で、履き心地も頑丈そのもの。ビジネスシューズとしては定番とされているものなので、就活生が履いても問題ありません。一方で、デザイン性の高い金具が付いた「モントストラップ」の革靴は就活スタイルには人によっては反感を買ってしまうことも。誰が見ても問題ないと思ってもらえるスタイルで臨みましょう。

通販では買わない

最近ではAmazonや楽天など、ネットショッピングを活用する人も多いのではないでしょうか。確かに実店舗で購入するよりも、安く販売されていることもあり、お金を少しでも節約したい学生にとっては安いということは嬉しい限りですが、革靴はサイズ選びが難しいアイテムです。スニーカーの場合は伸縮性があり、ひもで調整することができますが、革靴はそれができません。機能性だけで判断するのであれば、疲れやすい革靴は非常に不便なアイテムであると言えます。だからこそ、革靴の購入時は試着が必要不可欠。サイズが大きくて履けない、逆に小さすぎて足が痛いなんてことになれば、就活に影響が出てくることも考えられます。もちろん返品が可能であれば通販でも問題ありませんが、基本的には実店舗で購入することをおすすめします。

就活の革靴はどこで買うのか

就活シューズのキーワードは「黒・内羽根・ストレートチップ」であることが分かりました。それでは、このタイプに合った革靴はどこで購入することができるのでしょうか。もちろん、靴が販売されているお店であることは言うまでもないですが、ここでは予算別に3つの店舗をご紹介します。

大手スーツショップ

多くの大学生がスーツを購入する場所と言えば、洋服の青山、ザ・スーツカンパニー、スーツセレクト、ORIHICA、AOKIなどの大手スーツショップが定番ではないでしょうか。低価格で良質なスーツが販売されているため、就活生だけでなくビジネスマンなどもよく利用する店舗として知られています。もちろん、これらのお店ではスーツに合わせる革靴も購入することができます。1万円前後で質の高い革靴が販売されているので、就活用のスーツと一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

デパートの紳士靴売り場

予算に余裕があるのなら、デパートの紳士靴売り場で購入するのも一つの方法です。革の質、革の製法など、大手スーツショップとは違った部分にこだわっているアイテムが多く販売されており、丁寧にケアをしていくことで10年以上履き続けることができます。例えばジャパニーズブランドの「スコッチグレイン」や「リーガル」はおすすめの革靴になります。どちらも高い技術で、日本人の足に馴染みやすい革靴を販売しています。

ドンキなどの格安小売店

就活の靴に1万円の予算は難しいという大学生も少なくないでしょう。とは言っても、スーツに革靴の着用は欠かせません。そんな方におすすめなのが、ドン・キホーテなどの激安小売店です。安価なものだと、5,000円ほどで販売しています。ただしこれらの革靴は素材に合皮が使われていることが多く、機能性や見た目に優れているとは言えません。どうしても予算が少ないということであれば、Amazonなどの通販サイトでの購入をおすすめします。ただし、革靴はサイズ選びが難しいアイテムなので、「返品・交換無料サービス」などを利用し、自分の足に合ったものを購入してくださいね。

就活の革靴はどこで買うのか
よくある質問集

普段はいている靴はスニーカーが中心という人も少なくないでしょう。そんな状態で、いきなり革靴を購入となれば、戸惑うことも出てくるかと思います。最後に、大学生からよく寄せられる質問のなかで特に多い質問をいくつかご紹介していきます。

どうすれば綺麗になる?

スニーカーが汚れたら水洗いをすれば問題ありませんが、革靴はそうはいきません。それでも汚れたり、傷んだりしたものを放置しておくと、イメージは良くないですよね。どれだけ高級な革靴を履いていても、手入れが行き届いていなければ、ただの汚い靴でしかないのです。基本的な靴の手入れ方法は以下の通りです。

・ブラシで汚れを落とす
・クリーナーを塗る
・クリームを塗る
・全体を磨く
・撥水スプレー
・保管

これらの手入れは、1ヶ月に1回程度で十分です。また、普段から革靴を履き終えたらブラシでホコリを落とすなどのケアは行っておきましょう。

入学時の革靴は買い替える?

就活シューズのキーワードは「黒・内羽根・ストレートチップ」です。そのため入学式で購入した革靴がそれに合致していることもあるので、この場合はわざわざ買い替える必要はありません。ただし、汚れや傷が目立っているのであれば、買い替えた方が良いかもしれません。また消耗品である靴は2足以上用意しておくといざというときに困らずにすみます。予算に余裕があるのであれば、買い替えるのでなく、買い足すことをおすすめします。

よくある質問集
まとめ

就活スタイルを考える際、どうしても優先順位が下げられがちな革靴。だからこそ、面接官は入念にチェックしているもの。おしゃれに着飾りたい気持ちも分かりますが、大切なのは無難であるということです。

また、歩きやすさを確かめるためにも、一度は試着してから購入するようにしてくださいね。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ