選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 4SCORE

【例文あり】自己PRで自分の長所をアピールするために押さえておきたいポイント

【例文あり】自己PRで自分の長所をアピールするために押さえておきたいポイント

「就職活動で『あなたの長所はなんですか』という質問がされると聞いたけれど、自分では考えたことがない……」そんな就活生も多いのではないでしょうか。

普段の学生生活では、自分の行動や考え方について特に注目したり意識したりしないので、突然自分の長所を言葉にするのは難しいですよね。

しかし、どんな人も素敵な長所を持っていますので、安心してください。この記事では、そんな方が自己PRで自分の長所を話す準備ができるようポイントを解説していきます。例文を参考にしながら準備をしていきましょう。

長所を通して企業が見ているポイントとは?

長所をアピールさせることで企業が見ているのは、「企業であなたがどのように活躍できるか」という可能性です。そもそも採用とは、企業が発展していくために戦力となる人材を新たに仲間に招き入れることです。つまりあなたが企業にとって有力な人材であるかどうかという、採用において一番基本的な部分を確認しているのです。

企業にとってあなたが有力な人材であると思ってもらうためには、企業側が求めている人物像により近いことが条件ですので、その企業がどんな人材を求めているのかをしっかり押さえておくことが大切です。

長所を通して企業が見ているポイントとは?

自己PRと長所の違いはなにか?かぶっても大丈夫か

「自己PR」 「長所」とは、どちらも自分をアピールするためのもの、といった点で共通の意味を持っている部分もありますが、実は就職活動においては異なる意味を持っており、その違いを押さえることが重要です。

「自己PR」とは採用する企業にとって価値のあるあなたの魅力であり、「長所」とは企業ではなくあなた自身の視点で見た時のあなたの魅力を指します。この2つの言葉の意味を曖昧にしてしまうと、「質問に対して正しい回答ができない人だ」など、会話が成り立たない人だと認識されてしまう恐れがあるので注意が必要です。また、この2つは視点が違うため、同じ内容を回答するのではなく明確に区別し、異なる2つの視点からあなたの魅力を企業にアピールできるようにしましょう。

自己PRとは

自己PRとは、「PR」が ”Public Relations” という意味を持つように、自分自身の宣伝・広報活動のことを指します。就職活動は、ある意味あなた自身を「商品」ととらえ、それを「買う」側の企業に対して売り込みをする活動とも考えられます。売り込みをする上であなたがどんな能力やスキルを持っているのかをアピールし、企業があなたのことを一戦力と認め、お金(給与)を払っていくと判断することが採用ですので、ここでは能力やスキルを明確にアピールすることが大切です。

長所とは

これに対して長所とは、あなたの人となりや性格のことを指します。自己PRとの違いは、何かしらの行動や努力によって身につけた能力やスキルではなく、あなた自身が元々持っている人間性を指すところです。企業側にとって、自己PRで伝えた能力やスキルにかけ合わせることでどんな活躍ができそうなのか、どう成長していきそうなのかを知るための重要な要素になります。
企業でどのように活かせるのかという視点はもちろんですが、自分自身がどんな人間であるのか認識できているかどうか、冷静に客観視できているかどうかも見られています。

自己PRと長所の違いはなにか?かぶっても大丈夫か

長所をアピールするときに押さえておきたいポイント

自己PRや長所をアピールすることの大切さを学んでいただいた所で、次はアピールするときに押さえておきたいポイントを解説します。就職活動では多くの学生が自分のことをアピールしますので、あなたと似たような内容を話す人がいる可能性は大いにあります。その中でもあなたがより魅力的な人材であると思ってもらうには、ポイントを事前に押さえ面接官に効果的にアプローチすることが重要です。

長所を具体的な言葉で伝える

言葉一つをとっても、人によってイメージする内容は違います。そのため自分をアピールする際には抽象的な言葉ではなく、具体的な言葉で伝えるようにしましょう。例えば、長所を「温厚なところです」と言っても、「人の気持ちに寄り添える」「自分より相手を優先する」「ほとんど腹を立てることがない」など、様々な意味を持つことが分かります。あなたがイメージしている内容と面接官のとらえ方が違ってしまうと、伝えたいことが伝わらない恐れがありますので、なるべく具体的な言葉にして正確に伝えましょう。

結論は最初に伝える

何が言いたいのかを一番初めに伝えておくと、その後に話す内容との関連性がわかりやすくなり会話がスムーズになります。逆に言うと、いきなり過去のエピソードなどを話しはじめるとあなたが何の話をしているか相手に伝わらず、「何が言いたいの?」混乱を招いてしまう恐れがあります。「話が分かりづらい人だ」とマイナスな印象を持たれてしまうことも考えられますので、「私の長所は○○です」と最初に結論を伝え、「なぜなら~」と、具体的な話をするようにしましょう。

具体的なエピソードを用いる

さらに、実際に起こったエピソードはあなたのアピールにぐんと説得力を持たせてくれます。エピソードがあることで、「なるほど、たしかにあなたは○○な人だね」と面接官も納得してくれやすくなるでしょう。また、具体的なエピソードは単純な言葉よりも記憶に残りやすいため、他の学生が似たようなアピールをしていたとしてもあなたの印象が強く覚えてもらいやすくなり、他の学生と差別化することができます。

仕事でどう活きるか伝える

ここまで挙げてきたあなたの長所を、最後は「仕事でどう活かせるのか」という話につなげましょう。先ほども述べたように、企業はあなたを戦力として見ています。企業で実際にどう活躍し、発展に貢献してくれるのかをイメージしてもらうには、この視点でアピールを締めくくるのが効果的です。また、企業に入社することだけにとどまらず、企業で働き貢献することまで見据えているという視点の奥深さも評価されると考えられます。

長所をアピールするときに押さえておきたいポイント
伝わる長所の25個の例文集

①向上心

私の長所は、現状に満足することなく限りなく高みを目指すという向上心を持っていることです。

アルバイトでは、決まった仕事をこなすことで終わらせず、更にお客様に満足してもらうためにはどうするかを考えてきました。例えば自分の与えられた業務以外にも気づいたことがあれば積極的に…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数】自己PRで向上心を効果的にアピールする方法まとめ

②忍耐力

私は、忍耐力を長所だと思っています。失敗をしたり怒られてしまったりしても、負けないタフさを持っています。部活動では未熟さゆえに先輩やコーチから厳しい言葉をもらうことも多々ありました。

しかしそこで腐ったりくじけたりせず、次にどうしたら同じ失敗をしないのか、という考えにシフトするようにしてきました。仕事でも最初はわからないことが多いと思いますが、この姿勢を貫き…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数】自己PRで忍耐力を伝えるときのポイントをご紹介

➂行動力

私の「良いと思ったらまずはやってみる」という行動力は、長所だと考えています。失敗を危惧したりリスクを考えたりとなかなか行動できない人もいる中、これまでも私は常に一番に行動するというスタンスを持っており、周囲から評価されてきました。部活動では…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数】自己PRで行動力をアピールするためポイントをご紹介

④計画性

私には、筋道を立てて確実に物事を進めていくという計画性があります。

サークル活動では、この長所が評価されて年間のスケジュールを管理する役割を任されていました。状況が少し変わってもメンバーの予定を事前に調整することでトラブルを防ぎ…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数掲載!】自己PRで計画性を伝えるときのポイントをご紹介

⑤責任感

私の長所として、一度任されたことは自分がすべて責任を持って進めるという責任感があると思っています。

行動はもちろん、他人から任されたことでも当事者の目線をもって考え、自ら提案をしてよりよくしていくというスタンスが強みだと思っており、このスタンスは仕事をする上で信頼して任せてもらえるかどうかの鍵になると考えています。…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数】自己PRで責任感を効果的にアピールするコツと方法

⑥コミュニケーション能力

私は、コミュニケーション能力が長所だと考えます。

このコミュニケーション能力とは、単純に話がうまいというわけではなく、相手の発する言葉の意図をくみ取り、思いやる能力のことを指しています。

アルバイトでお客様からご依頼があった時には言葉の裏まで考えることで本当に満足してもらうことを大切にし…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文あり】自己PRでコミュニケーション能力を伝えるときのポイントをご紹介

⑦協調性

私の長所は、自分以外の人の意見を冷静に聞き、どうするのが一番良いのかをフラットに考えることができるという協調性だと思います。

自分の意見を押し通すことよりも、その場が全員にとってよりよくなることを一番に考えることができます。

例えば相反する意見を持つ2人がいても…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数】自己PRで協調性をアピールするためのポイントをご紹介

⑧好奇心

私は、自分の仕事以外にも興味を示し、積極的に挑戦していくという好奇心のある所が自分の長所だと思っています。

スーパーのアルバイトでは初めはレジ打ちが自分の仕事だったのですが、イラストが得意なことから店内のポップを書いてみたいと自分から店長に相談し…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文あり】自己PRで好奇心をアピールするために押さえておきたいポイント

⑨努力家

私は、「努力家だね」と周囲の人に言われることがよくあります。やり遂げたい目標があるとき、「どうすれば達成できるのか」を考え、達成のためにできる事を徹底的にするというスタンスがあります。

この長所は基本的なことでもありますが、仕事を成功させるうえで欠かせないものだと思っており…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文あり】自己PRで努力家をアピールするために押さえておきたいポイント

➉リーダーシップ

私には、人の前に立って自分の姿を見せ、ぐいぐい引っ張っていくというリーダーシップがあります。

ボランティアの活動がうまくいかなかった時、モチベーションが下がっているメンバーに対して自分が積極的に活動することで背中を見せ、徐々に「自分もやろう」と思ってもらえるように促しました。何をしたかというと…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数】自己PRでリーダーシップを伝えるときのポイントをご紹介

⑪真面目

私の「真面目に相手と向き合う」という真摯な姿勢は、長所であると考えられます。

「真面目」にはこつこつ物事を進めるなど他の意味もありますが、私は特に「真摯さ」を持っていると考えており、相手のためなら手をぬくことなくまっすぐに向き合います。

この長所は仕事でお客様と接する上で信頼してもらうために大切であり…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文あり】履歴書や面接の自己PRで真面目さを伝えるために押さえておきたいポイント

⑫負けず嫌い

私の長所は、負けず嫌いなところです。私は部活動でも負けず嫌いゆえに、ライバルを意識し絶えず努力をし続けてきました。仕事でもライバルと競いあうことで、常に上へ上へとモチベーションを高め、業績をあげるために努力できると考えています。…

詳しく知りたい人はこちら

【例文多数】自己PRで負けず嫌いを効果的にアピールする方法まとめ

⑬チャレンジ精神

私は、失敗を恐れず挑戦するというチャレンジ精神旺盛なところが自分の強みだと認識しています。チャレンジすることで自分の世界を広げることができると信じているからこそ、このチャレンジ精神を大事にしています。

御社では新たなサービスを開発することに力を入れているため、私も積極的に手を挙げていき…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数】自己PRでチャレンジ精神を効果的にアピールする方法

⑭継続力

私には、一度始めたらこつこつ続ける、という継続力があります。「継続は力なり」という言葉がありますが、部活動では野球の基本である素振りを毎日夕方に行っていました。

練習であれば誰にでもできるかもしれませんが、私は練習がない日にも365日欠かすことなく必ず行い、そのおかげでバッティングの強い選手としてベンチ入りすることができました。…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文多数】自己PRで継続力を効果的にアピールする方法

⑮柔軟性

私の長所としては、臨機応変に対応ができるという柔軟性が挙げられると考えます。

サークル活動で先輩から引継ぎを受けた時、メンバーの情報を紙で管理するという創設した時に決まった内容だったため、手間がかかり、時代に対応させてデータで管理するものに変更しました。「面倒だな」と思うだけでなく柔軟に対応することがポイントだと考えています。…

詳しく知りたい人はこちらをクリック

【例文あり】自己PRで柔軟性をアピールするときのポイント

⑯粘り強さ

私は、一度の失敗では諦めないという粘り強さを持っています。この長所は、営業として仕事をする上でお客様に断られてしまうことがあっても、粘り強く食らいつくというスタイルにもつながってくると考えています。

部活動では目指していた目標に結果が追い付かなかった時にあきらめなかったことで、最終的には全国大会に出場し、優勝することができました。

⑰気配り

私の長所は、広い視野で周囲を見ることで気配りができる所だと考えています。私は相手の様子を見て、言葉で言われなくても必要なことを察知し、自ら行動を起こすことができると思います。

事務としてサポートをする上では、頼まれなくても忙しそうな人に手を貸すなど、自分のできる事はないかと常に気配りをし、自分だけでなく、周りの人が仕事のしやすい環境を作ることを意識して動くことができます。

⑱素直

私の「人のアドバイスに素直に耳を傾ける」という姿勢は、長所として評価される事が多くあります。

仕事でも、初めはわからないことが多いはずなので、自分を過信せず上司や先輩のアドバイスを素直に聞き入れ、もっとアドバイスをしてあげようと思ってもらえるような人でありたいと考えております。

⑲前向き、ポジティブ

私には、物事をポジティブにとらえ、前向きな考え方ができるという長所があります。

たとえ失敗をしても、それを学びの機会だと捉え、次につなげることができます。前向きだからこそモチベーションが下がることがなく、常に上を目指して行動します。

⑳明るい

私は「明るいね」と他人から言われることがあり、これを長所だと思っています。明るい人は周りの雰囲気を和らげ、物事を良い方向へ持って行くことができると考えます。

実際に、アルバイトでも「○○さんがシフトに入っている日は楽しく仕事ができるから、楽しみだ」と言ってもらうことがよくありました。私が明るいことで、周りの空気も明るくなり、厳しいなかにも楽しく仕事をすることができる雰囲気作りをしたいと考えております。

㉑几帳面

私の長所として、隅々まで手を抜かず、丁寧に仕事をするという几帳面さがあると思います。

大学の教授の手伝いでは、論文の執筆内容はもちろん誤字脱字のチェックも複数回行い、少しでも不安な事があればすぐに調べるなどの仕事を綿密に行いました。

そのおかげでいくつか修正点が見つかり、教授から感謝されました。仕事でも、この几帳面な性格は活きると考えております。

㉒冷静

私の長所として、急な状況の変化にも冷静に対応できるという所が挙げられると思います。

初めに予定したことと状況が変わっても、今の状況に対しては何をするのが一番良いのかを冷静に見直し、対応することができます。

仕事をする上では緊急の事態が発生することもよくあると思いますが、そんな時にパニックになることなく、冷静に対応することができると考えております。

㉓笑顔

私の「どんな時も笑顔を絶やさない」という所は、長所だと思います。

アルバイト先のケーキ屋では、「○○さんの接客が気持ち良いから」と言って何度も買いに来てくれるお客様が何人もおり、リピーターが増えたことでお店の業績もあがりました。

仕事上のお客様とも笑顔で接することで良いイメージを持ってもらい、商談が進みやすくなると考えています。

㉔物覚えが早い

私には、一度言われたことはすぐに自分のものにでき、物覚えが早いという長所があります。

頭で理解するだけではなく行動に結びつけることも得意なため、「仕事が早いね」といわれることが多くありました。

仕事では、早く一人前の社員になるために教えてもらったことは素早く吸収し、誰よりも早く戦力になることができると考えております。

㉕面倒見がいい

私の長所は、友人の相談に親身になって協力できる、面倒見のよさだと思います。他人のことであっても自分のことのように考えてアドバイスをするようにしているため、友人からは「○○さんに相談したい」といわれることが多くあります。

面倒見が良いと頼りにされる事が多いため、仕事でもゆくゆくは頼りにされる存在として御社で活躍していきたいと考えております。

まとめ

ここまで自己PRで自分の長所を話す準備としてポイントを解説してきましたが、実際にあなたの長所を言葉にしてアピールできそうでしょうか。ここでお伝えしたポイントを押さえて面接に挑めば、企業にとってあなたが魅力的な人材であるということを効果的に伝えることができるはずです。「自己PR」と「長所」の違いを明確にしながら、あなたが長所を活かして活躍するイメージを面接官に伝えましょう。

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ