おそらくみなさん一度は使ったことがあるかと思いますが、基本的に、街中でよく見かけるスピード写真は、スーツなどの黒っぽい服を着て写真を撮る用に、フラッシュや背景が設定されています。白色の服を着て写真を撮ると、全体的にはっきりとしない印象になります。

ちょっとしたテクニックをつかうのなら、「白いハンカチ」を使うのがおすすめです。

膝の上に白いハンカチを広げておくことで、よくテレビ等の撮影で使われる反射板と同じような効果が得られ、
写真を撮影する際に出る光りが白いハンカチに反射して、顔全体を明るい印象にしてくれます。

暗い人と働くより明るい人と働きたいですよね。
相手の気持ちになって写真を撮ることを心掛けましょう。

最後に

履歴書の写真の裏に、しっかりと大学名と名前を記入すること。
履歴書に貼っていた写真が落ちてしまったとき誰かわからなくなるケースは可能性としては低いですが、
100%ないとは言い切れません。

そのためしっかりと裏に名前と大学名を書く必要があります。
また、表面だけでなく見えないところでもしっかりしているという印象を与えることができます。

今後、様々な人と出会う機会が多くなってくると思いますが、見た目だけを気にするのでなく、
中身もしっかりとした社会人を目指してこれからの就職活動を頑張ってください!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ