留年した理由はほぼ必ず聞かれる

面接官が留年した理由を聞いてくるのは、その人の人柄を知りたいためです。留年の理由は人によって異なりますが、遊びすぎて留年した人とやむをえない理由で留年した人とでは印象がまったく違います。
留年したことはほぼ聞かれると思っておいた方がいいです。留年した人は就活に向けて留年した”理由作り”をしておくべきでしょう。

留年したことをプラスの印象に変えるためには?

失敗は誰にでもあるものです。大切なのは留年したという失敗から何を学んだのかを相手に伝えることです。

留年したことをプラスの印象に変えるには?
・言い訳せずに正直に伝える
・留年の経験から何を学んだのかを伝える
・入社後はどうしていきたいのかを伝える

反省し、自己改善ができる人間であると面接官に伝えるためには失敗をしないために具体的に現在何を行っているのか伝える必要があります。
こういったことを意識して伝えることができれば、たとえ留

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ