/category/column/post-1298/

特集記事

  • お気に入り
  • 1877SCORE

【就活を成功させるための戦略】最低1社は内定が取れる就活ポートフォリオ戦略の紹介

【就活を成功させるための戦略】最低1社は内定が取れる就活ポートフォリオ戦略の紹介

「どのように過ごせば就活で成功する事ができるだろう」
このように考えている人は多いのではないだろうか。実際私が運営する就活スクールでは、大半が就活を頑張りたいがどのようにすれば良いかが分からないという人が来てくれる。
そして実際、多くの就活生は「どのようにすれば就活で成功するのか」ということが分かっていない。
恐らく今この記事を読んでくれているあなたもそんな悩みを持っている1人ではないだろうか。
就活では「絶対に成功する」というパターンはない。しかし「成功するための戦略」というものは存在する。
そこで今回は「成功するための戦略」を順番に説明していこうと思う。
成功するための戦略とは、一言でいうと「ポートフォリオ戦略」だ。聞き慣れない言葉かもしれないが、これは実際にプロの戦略コンサルタントや個人資産を運営する金融コンサルタントなどが使う手法だ。
それを就活に応用したのがここでご紹介する戦略である。
小難しく聞こえるかもしれないが、実際は非常に簡単な内容だ。大学受験でも恐らく同じ事をしているはずだ。ここでご紹介する方法を丸ごと応用までする必要はないが、参考程度までに知っておくだけでも就活では有利になる。
ぜひ最後までご一読頂きたい。それではその手法を順番に説明していこう。

就活で成功するための戦略①:受験する企業の難易度に偏りがでないようにするべし

よく就活生が陥る失敗のパターンとして「有名企業」「行きたい企業」しか受けないことだ。例えば以下のリストを見てみて欲しい。

難易度S:電通、博報堂、三菱商事、三井物産、外資系コンサル
難易度A:ANA、JAL、東京三菱UFJ銀行、みずほ銀行、NTTデータ、日清食品、グリコ、ベネッセ
難易度B:認知度が低い大企業など
難易度C:認知度が低い中小企業など

大半の就活生が難易度SとかAとかの企業を受験し、そこで落ちた結果、難易度BとかCの企業を受験しているのだ。大学受験でいうところの「ハーバード大学・コロンビア大学・東大・京大・慶応・早稲田」を最初に受けて、そこで落ちた結果、MARCHなどのように徐々に偏差値が低い大学を受験していくのと変わりがない。

皆さんだったらこんな馬鹿なことを大学受験では絶対にしないと思う。
しかしなぜか就活では多くの人がやってしまっているのだ。

つまりポートフォリオ戦略とは、自分が受けたい企業(本命企業)と、志望度は低いが内定を取れる可能性が高い企業をバランスよく受験し、内定ゼロとなるリスクを減らすことである。

ではどうすればこの難易度が分かるのかと言うと、「2チャンネル」に書き込まれているものを参考にして大丈夫である。2チャンネルで調べると、「企業偏差値」などのようなスレが出てくるが、そこに書かれていることは採用担当者からみても大方間違ってはいないからである。

就活で成功するための戦略②:本命企業を受ける前に1社内定を得た状態になるべし

ポートフォリオ戦略についてはある程度理解できたと思う。では具体的にどのようにそのポートフォリオ戦略を実行するのかというと、ベストな状態は「本命企業」の選考を受ける前に1社以上の内定を持った状態になっていることである。その理由は2つあるので、順番に説明していこう。

(1)精神的に楽な状態で本命企業を受けるため
(2)本命企業を受験する前に選考慣れをしておくため

1つ目の理由は大学受験をしている皆さんならある程度理解出来ると思う。「本命企業を受けるのに1社も内定がない状態=一か八かで受験する状態」では、落ち着いて選考を受ける事は出来ないだろう。本命企業で内定を取る確率を少しでも上げるために、ぜひ1社以上の内定を持って選考を受けて欲しい。

2つ目の理由も1つ目の理由とほぼ同じだ。「大切な試合に練習試合ゼロで挑む=一か八かで挑む」ことはいかにリスクが高いかはお分かり頂けると思う。内定を持っていることは「どのようにすれば内定を取れるのか=成功体験」を持っているのと同じであり、選考で上手くいく可能性が高くなる。
だからぜひ本命企業を受ける前には1社以上の内定を持っていた状態でいて欲しい。

就活で成功するための戦略③: 選考開始が早いベンチャー企業から受験をするべし

今年から就活開始が後ろ倒しになったとはいえ、ベンチャー企業などは去年と変わらず12月から選考を本格化させるだろう。大手企業はルールで選考開始が遅くなるので「練習を積む期間が伸びた」と考えることが出来るのだ。
別に志望度がゼロでも問題ないので、ぜひ皆さんには出来るだけ本命企業(大手企業)の選考までに、目安10社程度は選考を受けておいて欲しい。

その中でもしかしたら新たにあなたにとって「良い企業」と出会うことになるかもしれないし、そうではなくても選考を受ける過程で新しい違った視点や考えを持てるようになり、本命企業の選考までにレベルアップ出来るかもしれない。

■ポートフォリオ戦略の真髄

「就活で成功する=大手企業から内定をもらう」から「就活で成功する=納得して内定をもらう」という状態になることが、このポートフォリオ戦略の真髄であるし、就活での成功のパターンになる。
もちろん内定を獲得するためにポートフォリオ戦略を使うのが一番の目的だ。ぜひ有効にこの戦略を駆使して自分が納得する就活を過ごして欲しい。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ