/category/column/post-42985/

特集記事

  • お気に入り
  • 454SCORE

【ストレスフリーな就活を目指そう!】今すぐ実践するべき6つの方法

【ストレスフリーな就活を目指そう!】今すぐ実践するべき6つの方法

 
 
就活にはストレスはつきもの。
しかし、ストレスを抱えて生活していると、様々なことに影響が出てきます。
 
詩人であり小説家の武者小路実篤はこう言っています。
「どこかに自分の能力を発揮出来、それが進歩の余地があり、心を働かす余裕があれば、幸福を感じる。」
 
小さなことにも気を配れるくらいに心に余裕を持っていないと、上手くいくことも思うようにいきません。
 
今回は、「余裕がなくなりがちな就活生が、今すぐ意識を変えられるアドバイス」
について様々な人からの言葉を引用してご紹介したいと思います!

 

【ストイックな完璧主義はやめるべき】

 
 
完璧主義の人は余裕がないことが多いです。
 
ストイックな完璧主義の人は知らずしらずに大きなストレスを抱えているようです。
それを当然のことのように継続できる人はいますし、それで成功している人もいますが、それはほんの一部の限られた人です。
ほとんどの人は無理をしています。それで余裕がなくなってしまうのであれば、日々強く意識して改善しなければいけません。
 
 

【ムダを削ってシンプルに生きる】

 
 
ムダを削ることで、シンプルに生きることができます。
 
例えば、部屋にあるいらないものを捨てることでも効果があります。
そうすると頭の中が整理され、考え方も行動もシンプルになるといいます。
余計なことばかり考えている人ほど、物事は上手くいかないものです。
これも今日から意識して実践できることですね!
 
 

【物事を素直に聞く】

わからないことがあったときには、ためらわずすぐに聞きましょう!
 
コレを聞いたらバカだと思われそうだから、なんて事は気にしていてはいけません。
分からない自分を認めることで、相手もそれに対して答えてあげたくなるものです。

 

【トレンドを追わない】

 
トレンドに流される=他人に流されている、ということです。
トレンドを追って生活していると、自分の軸がぶれてしまいます。
自分の中のトレンドを追って生活することで、想像以上に余裕が生まれます。
 
 

【物事に白黒つけない】

真面目な人は、物事を白か黒かで判断しがちです。
こういう生活の仕方は心が疲れてしまいます。
グレーゾーンも楽しめる程度が1番余裕ができます。
 

【やるべきことは集中して最短で済ませる】

やるべきことを最短距離&スピード重視で終わらせられるように頭を使いましょう。
1番早くゴールに到達する方法を考えて物事に取り組むことで、その後に余裕が生まれます。
外国人の働き方が良い例です。最短で仕事を終わらせ、プライベートをゆるくすごす。
そういった生活の方が生活にメリハリがつきますね。 
 
 

【まとめ】

 
余裕ができれば、小さなことにも気を配る心のスペースが生まれます。
就職活動では、完璧主義ではなく「60点主義」くらいがちょうどいいといいます。
なにごとも詰め込みすぎないようにしましょうね。
 

これだけで1日が有意義に!「朝の時間に余裕を作る」ちょっとした工夫3つ

あわせて読むべき記事はこちら

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ