就活編面接対策

『コミュ障』でも内定は取れる!鉄板面接勝ち抜き練習法!!

『コミュ障』でも内定は取れる!鉄板面接勝ち抜き練習法!!

  
企業が欲しい人材としてあげられるのが、
「本質を捉えられる人」「熱意のある人」、そして「コミュニケーション能力のある人」
です。
このうち、就活生に多いのが、コミュニケーション能力に自信が無い人です。
若者言葉で「コミュ障」といわれる人たちは、面接が苦手だと口をそろえて言いますよね。
 
しかし、自分はコミュ障だから・・・と言って自信を持って就活に臨めないのはもったいないです!
だからこそ、コミュニケーション能力が無いと思っている人は入念な対策が必要なのです。
今回は「コミュ障」が就活を成功させるための対策についてお伝えしたいと思います。
 

【“コミュ障”の特徴】

 
~コミュニケーション能力に自信のない人の特徴~
・人の目を見て話せない。
・自分の意見や気持ちを上手く伝えることが出来ない。
・自分の意見に反論されることが怖い。

 
仲の良い友達とは普通に話せるのに、人見知りするために初対面の人とは上手くコミュニケーションが取れないという人が多いと思います。
就活において、当然面接官は初対面の人です。かつ自分をアピールしなければいけない場であるというプレッシャーから、更に臆病になってしまい、うまく話せなくなってしまうのです。
しかし、ここで諦めるのはまだ早い!コミュ障でも面接を勝ち抜く練習方法があるのです!!

【“コミュ障”の特徴】

【実際にコミュ障が面接で勝ち抜いた2つの練習パターン】

 
うまく話せない人が面接の場できちんと自分を表現するためには、とにかく練習が必要です。
コミュニケーション能力に自信のない人が内定を勝ち取った例には2つのパターンがあります。

① 『ひたすら他人と面接練習』

覚えてきたことをそのまま言えばいいわけではありません。

相手と状況に合わせたコミュニケーションが取れなければ意味がありません。

しかし、就職活動時期に入っていきなりこれが出来たら苦労しません。

言いたいことはあるのに、人前だと頭が真っ白になってなにを言えばいいのか分からなくなる人は、とにかく面接練習を誰かといっしょにやること。これは一人でやってもダメです。

面接を自分の用意してきたプレゼン発表の場だと考えて、自分を魅力的にみせることを意識して話すようにしてください。

面接では、予想外の質問が飛んでくることも多いかと思いますが、
練習してきた内容を思い出して、それを上手く応用すれば、不思議と大抵の質問には答えられるのです。

①	『ひたすら他人と面接練習』

② 『パワーポイントを活用!』

 
ワードに打ち込んだ自己PRをそのまま覚えて使うのも、一つの手ではありますが、
ただ文章を覚えただけでは、面接官に見透かされてしまい、本番で失敗してしまう可能性も・・。
そうならない為に有効だったのが、「パワーポイント」で練習すること。
 
パワーポイントが練習に有効な理由は、3つあります。
①キーワードでまとめる為、身に入りやすい。
②一つ一つのスライドで言いたいことがまとめられる。
③ストーリー性が読み取りやすい。

パワーポイントで言いたいことをまとめ、プレゼンテーション形式で練習することで、本番イメージが付きやすいで

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ