/category/interviewing/post-3158/

面接対策

  • お気に入り
  • 2943SCORE

面接での超重要質問の意図とその対策

面接での超重要質問の意図とその対策

就職活動が始まると就活生は意気揚々と就活サイトへ登録を始めます。
そこから3日ほど経つと、たくさんの企業情報メールや日々更新される求人情報が来ることに気づくはずです。そんな時あまりにもたくさんの企業の情報があって、『対策が間に合わない。。』とうんざりしている人が多いのではないかと思います。
安心して下さい。
たくさんの企業があっても、最低限抑えなければならない質問は以下の3つに集約されます。それ以外の質問に関しても、下記3つの質問をうまく応用していけば乗り越えることができます。
逆に以下の3つの質問が具体的に準備出来ていないようだと、どこの企業のES・面接もうまくいかないので、しっかりと準備していきましょう。

①「あなたの強みは何ですか?」

〈この問いの意図〉
あなたがどんな人間かを企業が知るための基本的な質問です。
〈切り口〉
自分の強みを示せるような具体的な過去のエピソードも整理しておくとよいでしょう。さらに、志望度が高い企業に対しては自分の強みが企業でどのように役に立つのかを言葉にできるようにしておきましょう。すると企業側があなたを採用するメリットが分かりやすくなります。自己紹介はこの問いに対するソフトなものだと考えておけばいいでしょう。

②「あなたは学生生活で何を頑張ってきましたか?」

〈この問いの意図〉
あなたがどんな人間かを知ることができ、困難な場面に遭遇した時にどのように乗り越えていくのか把握することを目的としています。
〈切り口〉
アルバイト・勉強・サークル・その他なんでも構いません。自分が夢中になったものをアピールしていきましょう。結果として何か残っているのであればそれを示すことを忘れずに。また、この問いとセットで「あなたが挑戦していた時、壁にぶつ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ