/category/interviewing/post-24643/

面接対策

  • お気に入り
  • 3541SCORE

【時事問題は効率良く吸収!】余裕のある人・ない人別時事問題対策

【時事問題は効率良く吸収!】余裕のある人・ない人別時事問題対策

 
今まであまりニュースや新聞を見てこなかった人にとって、
できれば聞かれたくない「時事問題」。
 
今回は時事問題の効率のいい対策方法をご紹介します。
「対策しようにも時間がない」
「時間はあるけどどう対策すればいいのかわからない」
それぞれ対策の仕方は変えなければならないのです!
 
画像引用:http://www.lifehacker.jp/2012/10/121015howtostoptime.html

【時事問題が聞かれる目的は?】

 
面接官が時事問題を聞く理由は主に3つあります。
 
 

① 情報に敏感であるかを知るため。
② 自分の意見を持ち、表現する能力を見るため。
③ 社会人としての最低限の常識があるかを見極めるため。

 
 
業界についての時事問題を聞いて志望度を測る、という意味合いでも
時事問題が聞かれる場合があります。
 
画像引用:http://www.it-hiroshima.ac.jp/news/2012/11/post-982.html

【時事問題が聞かれる目的は?】

【時間に余裕のある人向け】

 
就職活動に少し余裕のある人は、時事問題の対策はじっくりと出来ますよね。
幅広く、自分の興味のない分野も視野に入れて吸収しましょう!
 
 
~まずは基本から~
 
まずは基本的なキーワードを知ることから始めましょう!
時事問題の対策本を読んで、メジャーな社会・経済にまつわる問題を解いた上で、
新しいニュースを読んでみましょう。
その後は毎日少しずつ空いた時間を使って、新しいニュースをインプットしましょう。
お勧めは、スマホのニュースアプリでチェックすることです。
 
 
その時に大切なのは、「そのニュースを自分の生活、関心に近づけて考えてみること」です。
そうすることで、自分の意見を自然にもつことが出来ますよ!
 
画像引用:http://会えない時間の男性心理.jp/1522.html/%E4%BD%99%E8%A3%95

【時間に余裕のある人向け】

【時間がなく諦めモードな人向け】

 
~自分の興味のある分野だけ~
 
あれもこれも手をつける時間のない人は、インプットする範囲を狭める必要があります。
どれも中途半端になることは一番悪いパターンです。
志望する業界に関連する最新ニュースを拾って読み、自分の意見を作っておきましょう。
 
 
よくわからない時事問題を聞かれた時には、自分の持っている知識を総動員して回答しましょう。少ない情報でも、自分がそのニュースについて思うことをまとめて答える練習は日頃からしておきたいですね。
 
 
あと、知ったかぶりはすぐにばれます。
正直に「知識不足でわかりません。」と答えるのがいいんです!
 
  
画像引用:http://matome.naver.jp/odai/2129851174613632301

【時間がなく諦めモードな人向け】

【まとめ】

 
就活時期に新聞を読み始めても、あまり効果は期待できません。
まずは興味のある分野を一つ選び詳しくなることで、他の分野のニュースにも興味が湧くようになるものです。
違う論調の週刊誌を2冊比べ読みするのも効果的だそうですよ。

あわせて読むべき記事はこちら

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ