OB/OG訪問

仕事研究とは 〜例えば広告代理店の営業職の場合〜 【広告業界志望者必見】

仕事研究とは 〜例えば広告代理店の営業職の場合〜 【広告業界志望者必見】

皆さんは仕事研究、進んでいるでしょうか。

仕事研究とはどのようなものか。
それは、社会人に細かく話を聞いたり、説明会に参加して理解を深めたり、インターンシップなど大学外部のセミナーに参加して理解を深めていくなかで段々と具体的にしていくものです。

実例:広告代理店の営業職の場合

例えば、「広告代理店の営業職」とはどんな仕事をしているのでしょうか?

——————————————————–
得意先の直接担当として、課題のヒアリング、オリエンテーションに参加し、プレゼンテーションから広告実施まですべての責任を担います。社内ではマーケティング担当や制作(クリエイティブ)担当者、媒体担当などすべての担当者をまとめる調整役。スケジュール管理、コスト管理、業務品質管理等の責任を担います。広告会社内では得意先の代表としての役割、得意先では広告会社の代表としての役割を果たさねばなりません。

※株式会社マスメディアン マスナビ2016から引用
——————————————————–

仕事研究とは上記引用文の内容について皆さんがイメージできるレベルまで自分から質問をし、理解していくことを指します。

「得意先の直接担当として、」とは

「得意先の直接担当として、」とありますが、得意先とはどこだと思いますか?食品メーカー、化粧品メーカー、ホテル、保険会社などなど。OB・OG訪問をしたときは差し障りない範囲で具体事例を訊くといいですね。
 
 
OB・OGが話してくれたのが化粧品メーカーの事例だったとしましょう。「課題のヒアリング、オリエンテーションに参加し、」とありますが、具体的に化粧品メーカーの課題とは何なのでしょうか?新商品のブランディング、新商品の販促、既存商品のブランドチェンジなど得意先の状況によって千差万別の課題が存在します。
 
 
では、仮に化粧品メーカーの課題が新商品の販促にあったとしましょう。もっと具体的に言えば、新商品を消費者に1つでも多く購入してもらうためには、どのような広告マーケティングをすればよいのかという課題を化粧品メーカーが持っているとします。
 
 
営業担当は得意先が広告に使える予算を伺い、社内に戻ってテレビ・雑誌・新聞・ラジオをはじめ各種メディアやPRなどを利用してどのように販売戦略と販売戦術を立てるのがよいのか考えます。そしてその考えた販売戦略と販売戦術を「プレゼンテーションから広告実施まですべての責任を担います。」ということなんですね。

仕事を具体的に説明すると

「社内ではマーケティング担当や制作(クリエイ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ