内定を取る人の特徴①:前向きな人

前向きさとは「物事をポジティブに建設的に捉える能力」ことで《主体性》と呼ばれている。あなたが何かの逆境に遭遇している時にわかるものだ。仮にあなたが何か逆境に対して「出来ない理由」ばかりをいつも口にしていたら、あなたは主体性が低いということになる。私が面接をしていても、主体性が高い人は「活躍しそうだな」と感じさせられる。また私のようなプロの面接官は、あなたを一目見れば大体主体性があるかどうか分かかるものだ。隠しようがない能力である。つまり就活においては一番重要な能力とも言えるので、ぜひ普段から主体性を上げる意識を持って欲しい。 

内定を取る人の特徴②:素直な人

素直さは主体性と同じくらい重要な要素だ。「素直さ」とは「人からの教え等を実践する能力」である。なぜこれが重要なのだろうか?理由は簡単だ。成長が早いからである。私が運営する就活スクールでも、やはり素直な人は成長も早く実際に内定をたくさん獲得してくる。企業は素直な人を

新規会員登録はこちら
ページトップ