特集記事

女子が最強!?青山学院大学の就職先を調べてみた!

女子が最強!?青山学院大学の就職先を調べてみた!

 
今回は、「青山学院大学」!
 
 
それでは気になる結果をご覧ください!
 
 

青山学院大学の就職状況を調べてみた

 
 
それでは見ていきましょう。
 
 
青山学院大学といえば、MARCHの中でも随一のオシャレ大学として有名ですよね。
 
 

青山学院大学の就職状況を調べてみた

 
 
渋谷にある青山キャンパスで毎年開かれる学校祭にはたくさんの人が訪れ、賑わいを見せます。
 
 

 
 
 
そして、そんな青山学院大学の気になる就職ランキングはこちらです。
 
 
 

 
以下分析していきましょう。

TOP3は、メガバンク3行が圧倒的に独占している状態。これは、慶應義塾大学や早稲田大学と同じ傾向にあるといえます。

慶應と早稲田のデータはこちらから
「就職に強いと噂の慶應大学を実際に調べてみた」
「就職に強いと噂の早稲田大学を徹底的に調べてみた」

 
 

その中でも女子の比率が非常に高いのが青山学院大学の特徴です。

以下の通り、上位企業の中で女子の占める割合は非常に高いです。
 
 

 
 
上位企業が金融ということですので、おそらくは「一般職」の採用の比率が高いということなのでしょう。
確かに偏見かもしれませんが青山学院大学のオシャレな女子、金融業界でのウケが良さそうなイメージがありますね。
 
 
 
 
TOP3以外も見ていきましょう

総じて見ると、金融業界が多いのが印象的です。TOP3のメガバンク以外にも【銀行】では、5位 りそなグループ。【証券】では、6位 三菱UFJモルガン・スタンレー証券、7位 大和証券、8位 野村證券、17位 みずほ証券。【保険】では、9位 あいおいニッセイ同和損保、13位 日本生命保険、19位第一生命保険と、実にBEST20のうち14の企業が金融業界という結果になりました。

 

金融業界は、そもそもの採用数が多いためランキングに入りやすいのが特徴ですが、それでもこれだけの人気を誇ってるのは、最近の学生がますます「ワークライフバランス」を意識して就職活動をしている結果といえるでしょう。
収入や勤務地等の仕事面と、プライベートの面との両立を図るには、金融業界はうってつけということですね。
 
 
 
 
では次に学部別の就職ランキングを見てみましょう。
 
 

 
 

金融業界はここでもやはり人気。

経済学部、経営学部、総合文化政策学部に至っては、ランクインしている企業が全て金融系の企業です。
 
 

旅行・航空などの業界も学部によっては人気が高い。

文学部からは航空系の仕事に25人もの学生が就職していることが分かりました。
これはもしかして先ほどの発見である「女子の強さ」と関係が深いのでは?
 
 
そう思い、ここでも女子の比率を出してみました。
 
 
 
 
すると驚くべき結果が…
 
 
 
 
 

 
 
 
 
赤字で示した女子の割合が相当高いことが判明しました。
 
文学部に至っては全員が女子という結果に!
 
 
 
先ほども見た通り金融業界においての女子の強さは確認しましたが、
航空・旅行といったいわゆる「華やか」な業界にも数多くの人材を輩出していることが分かりました。
大学の「オシャレ」なイメージは、ただのイメージではなく、しっかりと「就職」という形で結果に表れていたのですね。
 
 

まとめ

まとめ

 
 
 
青山学院大学は、就職に強い。特に女子。
金融業界の一般職であったり、旅行業界・航空業界といった「女性ならでは」の仕事を、青山学院大学の人材が支えているのですね。
 
 
 
………………………………………………………………………………………
関連記事
「就職に強いと噂の早稲田大学を徹底的に調べてみた」
「就職に強いと噂の慶應大学を実際に調べてみた」
学生よこれが就活だ!!『就活狂想曲』に見る日本の就活の現実
………………………………………………………………………………………
 
この記事がいいと思ったら「いいね!」をお願いします
 ↓ ↓ ↓

………………………………………………………………………………………

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ