特集記事

【もう見飽きた!】就活生のありがちなNGエントリーシートの共通点5選

【もう見飽きた!】就活生のありがちなNGエントリーシートの共通点5選

どうしてもありがちな言葉で自分を飾ってしまうエントリーシート。

そういうエントリーシートは、人事の方に「パッとしないES」と認識されてしまいます。
 
落とされるESにしないためにも、今回はありがちなエントリーシートの共通点をご紹介したいと思います。
 

 

【君のことが知りたいのに・・】

 
「志望動機が企業の説明文」となっている就活生が多いです。

「貴社の○○○というCSR活動にとても魅力を感じたからです。」

このように会社の目立つ特徴だけ言っても、ただ企業情報を述べているだけで志望動機として成り立っていません。
 
「自分がなぜその点に魅力を感じるのか」

「なぜその魅力が自分の志望動機となりうるのか」

と、なぜ?を掘り下げて書いて、はじめて人事の人にあなたがどういう人なのかを伝える事ができるのです。
 

【君のことが知りたいのに・・】

【いい加減コピペはやめてくれ・・】

 「コピペは一目で分かる」

人事の方々は膨大な量のESに目を通しています。

そのため、コピペかどうかを見極める事に関してもプロなんです!

ネットに落ちている「通るESの例」などは、よく使いまわされるセリフだけで構成されているようなものです。

しかも、人事の方々は就活生以上に「就活マニュアル」や「就活ノウハウサイト」

という類の物は読んでいるため、付け焼刃のESはすぐにばれてしまいます。

よく誇張表現で使われる
 

【いい加減コピペはやめてくれ・・】

【日記みたいなESは読みたくない・・】

 
「自分がやってきた事しか書いていない」

出来事だけを書いた日記のようなESになってはいませんか?

採用側は、具体的な内容よりも、その出来事を通じて何をどのように考えて行動したのか、結果どのように感じたのかという思考プロセスを重視します。
 
個性は「考え方」「感じ方」を知ることで見えてくるものなので、今すぐ日記風ESをやめて、自分の価値観が見て取れるESを目指しましょう!
 

【日記みたいなESは読みたくない・・】

【何が言いたいのか分からないよ・・】

 
「あれだけ結論から書けと・・」

読みにくいESは、それだけで見てもらえない可能性があります。

なぜなら人事の方にはじっくりESに目を通す時間がないからです。

とにかく「一目でどこに何が書いてあるのか分かるES」を目指しましょう!
 
結論 → 理由 → 具体例 → 再度結論 
 
このような論理的な文章であれば頭に内容がすぐに入ってきます。

書き方さえ覚えてしまえば簡単に書けるので、今すぐに実践できますよ♪
 
また、アピールポイントは一つに絞ったほうがいいです。

3つも4つも書くと、必ず文字数が足りず理由や具体例が少なくなり、

結局、沢山アピールしているつもりが個々の印象が薄くなる為に逆効果になりま

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ