/category/web-test/post-38375/

Webテスト対策

  • お気に入り
  • 12829SCORE

【悲報】就活ではMacユーザーが圧倒的不利だった!

【悲報】就活ではMacユーザーが圧倒的不利だった!

  
「就職活動にMacが使えない!?」
  
そんなバカな・・・・。
 
驚愕の事実ですが、実際多くの就活生がこれによって不利になっているというのです。
そのデザイン性や、持ち運びに便利なことから、今やお洒落アイテムの一つとしてもAppleのパソコンを持っている大学生も多いですよね。
一体なにが不便なのか・・・!
 
今回はAppleのパソコンの欠点についてご紹介したいとおもいます。
とくにこれから就活をひかえた18卒の大学生は必見です!
 
 
画像引用:http://surviblog.com/home-nomad-worker/

【MacではWebテストが受けられない?】

 
就職活動においてパソコンが必要である理由は主に三つあります。
 

① 企業にエントリーするため
② エントリーシートをWeb提出するため
③ Webテストを受けるため

 
 
最近ではエントリーシートは郵送ではなくWeb提出の場合も多く、そういう意味でも就活生にとってパソコンは必須アイテムなのですが、
この中で問題視されているのが、③のWebテスト。
 
 
Webテストとは、エントリーシートの提出と同時期に受ける能力検査テストです。
ほとんどの就活生が受けるこのテストですが、Macではこれを受けられない可能性が高いそうなのです!
 
 
というのも、Webテストを受けるためにはInternet Explorerの7.0か8.0以上でなければいけないのですが、現在Mac OS XではSafariやChrome といったブラウザが使用されており、Internet Explorerが基本的に利用できないんです! 
それを提出期限ギリギリに気づき、Webテストをあきらめた人も多いようです・・・。
なんで使えないんだ!!
 
 
画像引用:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/4821

 

【MacではWebテストが受けられない?】

【解決策もある!】

大学のパソコンやネットカフェでパソコンを利用すれば問題はないですが、
せっかく買ったMacだからどうにかしてコレで受けたい!という人もいますよね。
そんな人は以下の方法を試してみてください!
MacでもWebテストが受けられるかもしれません。
 

 

① Firefoxをダウンロードする
 
キツネマークのFirefoxを今すぐ取りましょう!
このブラウザをネットからダウンロードするだけで、webテストを受ける事自体は可能になるケースが多いです。
 
 
② Safariでどうにか受けられるようにする
MacのChromeでWebテストを受けられず、Firefox でもダメだった場合は、Safariの設定を変えてみましょう!
 
~設定方法~
1、Safariを起動し、メニューバーの「Safari」→「環境設定」を選択。
2、ポップアップウィンドウが表示されるので「詳細」タブをクリック→メニューバーに”開発”メニューを表示にチェックを入れる。メニューバーに「開発」が表示されるのでこれを選択し、ユーザーエージェントからInternet Explorerを選ぶ。
 

これで多くのWebテストが受けられるようになります!
 
 
画像引用:http://www.lifehacker.jp/2013/03/130314best_ideas_in_the_shower.html

【解決策もある!】

【リスクは高め・・・】

 
しかし、上記の解決方法はあくまでも「受けられる可能性がある」というものです。
試しても受けられないWebテストはあり、中にはテスト中にエラーになり、問題文が見えないなんてケースも・・・。
最善を尽くすならばなるべくWindowsのパソコンを使ってWebテストを受けることをオススメします! 
 
画像引用:http://v-english.jp/eikaiwa/staffblog/04145993

【リスクは高め・・・】

【まとめ】

 
Macはとても便利ですが、今からPCを買うのであれば、このことを踏まえて検討したほうがよさそうですね。
少しでも不安な人は大学のパソコンを使ってWebテストを受けましょう!
 
 
画像引用:http://www.digimonostation.jp/review/mobile/id27464
 

あわせて読むべき記事はこちら

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ